応募者と企業の負担を減らす

採用管理システムを導入するメリットとして、応募者と企業のミスマッチを減らす働きがあり、業務負担を軽減することで採用システムに余裕が生まれることが挙げられます。過去に手動で管理していたデータ類も、一括で簡単に管理できるシステムを用いることで、採用に対するプロセスに無駄を失くし、より応募者と企業もマッチングを高めていくことができます。

システム導入を考える企業の課題として、通常業務に負担が掛かるのかやどれほどのコストが掛かるかなど、採用管理を行う上で事前に確認すべきことは多いです。専門のコンサルタントを雇い、企業全体でシステム導入を目指す働きがあるように、企業のトップの独断で決められることではなく、現場の意見を聞きにながら最適なマッチングが行えるよう調整する必要があります。

採用基準の明確化や社内スケジュールの管理ツールとの関連性など、または応募者が利用するユーザーインターフェースの強化といった改善により、応募者と企業側の双方にメリットは生まれます。長期的な利益やコスト面を考えると、採用管理システムを導入するメリットは大きく、優秀な人材の確保が自動的で容易に行えるシステムにより、企業成長も促すことが可能です。

新入社員の獲得競争に差を付けろ!古い方式は時代遅れ!

今やどんと構えて、入社希望を募るというのは時代遅れになっています。時代遅れどころか希望者が集まらず、採用ゼロとなり労働力不足に悩まされる可能性があります。労働人口の減少すなわち若い世代はどんどん減っており、採用募集から他社に差を付ける必要があります。

これまでの採用管理は、エントリーシートを郵送やメール提出といったのが一般的でした。また、募集掲載も自社ホームページや求人サイトに頼るのが一般的です。しかし、エントリーシートに記載して、郵送やメール送付という方法では、若い世代の希望者獲得は厳しいと言えます。そもそも、エントリーシートに記載するだけで手間が掛かり、大学生や専門学生など就活を行う人にとってはメリットがありません。

そこで、エントリーから採用試験の連絡、そしてコミュニケーションを取れる採用管理システムの導入が魅力ある会社としてのアピールとなります。現在ではスマートフォンは普及しており、エントリーフォームに入力するだけで済む採用システムの方が就活生にとってメリットがあります。また、採用管理システムで情報の一括管理を行えば、エントリーシートの不着による採用試験漏れも防げ、採用希望者にとっても安心を与えることが可能です。求人募集を行っているものの、希望者が集まらないという場合は採用管理システム導入を検討するのがおすすめです。

New Posts

コミュニケーションツールで更なる面接可能

採用管理をシステム化することで経営者も早い段階から参加可能 新入社員の採用募集業務を行うのは、人事担当部門の担当者です。ですが、実際の採用試験に関わるのは人事担当部門だけではなく、経営管理部門そして経営者です。経営管理部門や経営者は、経営戦略を立案する上で、人材資源は重要なものとなります。です…

More...

システム導入で労務時間よさらば!

採用管理システムで企業説明会での業務効率化を! 今や日本国内では、労働力不足が問題となっており、新卒者の採用募集を行っても希望者がゼロ、翌年の新入社員が確保出来ないというケースがあります。まさに、人事部門も競争社会の中にあります。そのため、積極的に企業説明会を自社で開催したり、新卒者向けの合同…

More...

採用管理システムでウィンウィン

応募者と企業の負担を減らす 採用管理システムを導入するメリットとして、応募者と企業のミスマッチを減らす働きがあり、業務負担を軽減することで採用システムに余裕が生まれることが挙げられます。過去に手動で管理していたデータ類も、一括で簡単に管理できるシステムを用いることで、採用に対するプロセスに無駄…

More...

PICK UP

News

2018/01/31
コミュニケーションツールで更なる面接可能を更新致しました。
2018/01/31
システム導入で労務時間よさらば!を更新致しました。
2018/01/31
採用管理システムでウィンウィンを更新致しました。
2018/01/31
効率的な採用管理でコストカットを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加