採用管理システムで企業説明会での業務効率化を!

今や日本国内では、労働力不足が問題となっており、新卒者の採用募集を行っても希望者がゼロ、翌年の新入社員が確保出来ないというケースがあります。まさに、人事部門も競争社会の中にあります。そのため、積極的に企業説明会を自社で開催したり、新卒者向けの合同説明会にブースを設けたりします。
企業説明会のブーストもなると、自社に興味を持ってくれた学生が殺到するケースがあります。このような場合、説明を受けた学生の情報管理を行い、案内を送付することとなりますが、ここで採用管理システムを利用するのがおすすめです。
採用管理システムなら集まったアンケートやエントリーシートを持ち帰って集計する必要が無くなります。例えば、学生自らエントリーシートにタブレットPCやモバイルPCから入力させるという方式にすれば、その場に配置する人事担当者は一人でも問題はありません。説明会会場での業務効率化が図られ、入力情報はリニアに社内に転送されるため、会社を離れずに採用業務を遂行できる社員も確保出来ます。また、同時に複数の会場で説明会を行っても、情報集計の手間も掛からないため、効率的な業務が遂行出来ます。人事担当者が少なく、説明会への参加頻度が少ないという会社は、システム導入を検討し、多数の学生に興味を持ってもらうことをおすすめします。

採用管理に労務時間を掛け過ぎていませんか?

企業にとって採用募集を行うことは、企業の継続的な発展、そして事業戦略を立てる上で重要な要素となります。そのため効率的かつ確実性の高い採用管理方法を構築し、多くの新入社員を確保することが現在では重要です。今や、必ず新入社員が新年度の入社するとは限りません。
そもそも学生の多くは複数の採用募集にエントリーするのが一般的です。そのため、採用試験の手続きが長くなるほど、他社に人材が流れてしまうリスクがあります。採用管理を効率良く行い、速やかに最終採用試験までこぎつける必要があり、人事担当者が労務時間を掛け過ぎていないかどうかを把握する必要があります。
もしエントリーシートが到着後、記載情報をエクセルデータとして転機しているのは非効率的かつ時間を無駄にしています。またメールでのエントリー対応の場合、メールを常時確認しなければならず、確認出来ない時間があるとその分ロスが生じます。そこで採用管理システムを導入し、各担当者が請け負っている業務負荷を軽減することで効率的な採用が可能になります。また空いた時間を更なる採用に割くこともでき、多くの新入社員を獲得することに繋がります。先ずは人事担当者の負荷が大きく、負荷に対して採用実績が見合わない会社は、採用管理システム導入を行い、業務効率化を図るのがおすすめです。

New Posts

コミュニケーションツールで更なる面接可能

採用管理をシステム化することで経営者も早い段階から参加可能 新入社員の採用募集業務を行うのは、人事担当部門の担当者です。ですが、実際の採用試験に関わるのは人事担当部門だけではなく、経営管理部門そして経営者です。経営管理部門や経営者は、経営戦略を立案する上で、人材資源は重要なものとなります。です…

More...

システム導入で労務時間よさらば!

採用管理システムで企業説明会での業務効率化を! 今や日本国内では、労働力不足が問題となっており、新卒者の採用募集を行っても希望者がゼロ、翌年の新入社員が確保出来ないというケースがあります。まさに、人事部門も競争社会の中にあります。そのため、積極的に企業説明会を自社で開催したり、新卒者向けの合同…

More...

採用管理システムでウィンウィン

応募者と企業の負担を減らす 採用管理システムを導入するメリットとして、応募者と企業のミスマッチを減らす働きがあり、業務負担を軽減することで採用システムに余裕が生まれることが挙げられます。過去に手動で管理していたデータ類も、一括で簡単に管理できるシステムを用いることで、採用に対するプロセスに無駄…

More...

PICK UP

News

2018/01/31
コミュニケーションツールで更なる面接可能を更新致しました。
2018/01/31
システム導入で労務時間よさらば!を更新致しました。
2018/01/31
採用管理システムでウィンウィンを更新致しました。
2018/01/31
効率的な採用管理でコストカットを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加